約3ヶ月前にも撮影をした新千歳空港にまた行った。
札幌からJRで1時間かからないのでそれほど苦ではない。
お金は少し掛かる。

DSC_0043
2012.7.24 / 70-200mm / 200mm  1/1000s  F4  ISO100

DSC_0074

日本航空の巨大な機体と手前の可愛らしい機体


DSC_0090

「おい、キムチどけよ!」
「嫌だね!俺が最初に出たから俺が一番!」
「2人とも何で喧嘩してるんですか?喧嘩は良くないですよ」


DSC_0101

羽を90度回転させればオスプレイ?

オスプレイ(Wikipediaより)

osprey



DSC_0108

10万ボルト旅客機が!


DSC_0111


DSC_0112

「ANAはほんと地味だなw」
「お前だってANAだろ」


DSC_0114











一方、世間ではロンドン五輪が話題になっているのだが、実は協議に参加している選手はスポーツ選手だけではない。

ロンドン「カメラ」五輪

DSC_0173
朝日新聞 2012年7月21日より (偶々見つけた)

そう、オリンピックはカメラ界の競技もあるのである。しかし、登場するのは日本の選手ばかり… CanonとNikonである。

この「裏オリンピック」は、本家五輪の開催と同時に行われている。
本格的に争うようになったのは、1972年札幌冬季オリンピックからである。
ある程度知識のある人なら知っている「サンニッパ」(300mm/F2.8)の登場もこの時である。

その後、フィルムからデジタルに変わり、更にはオートフォーカスシステムも普及し、両者の戦いは激しさを増していった。

MF時代、まだフィルムが主流だった頃はNikon無双であった。このときは「報道はニコン」と言わんばかりの人気であった。

その後、オートフォーカス化が進められ、1987年には現在主流の「EOS」がCanonから発売された。AFシステムをいち早く取り入れたCanonは報道界の人気を得て、「報道はキヤノン」と言われるまでなった。

その後もCanonの攻勢は続き、2004年アテネ五輪でも実に8割の報道用カメラがCanonであったという。



しかし、この状況はある機種の発表で大きく変わった。

それは、「D3」である。

catch_01
公式ホームページより

Nikon初の35mmセンサーを採用した「D3」は、高感度が非常に強い、AFの精度が高い、連写スピードが速いなど非常に優れたものであった。

このカメラの性能の高さに、CanonからNikonに乗り換えた報道カメラマンも多く、北京五輪ではほぼ互角となったのである。

そして、Nikonは今も「D4」「D800」「D7000」など高性能なカメラを幾つもだし、一眼レフ界の覇権を握ろうとしている。

一方、Canonも負けず、「EOS 1D X」や「EOS 5D Mark3」などの高性能なハイエンド機種を続々と発表した。
果たして、今年の五輪はどうなるだろうか。非常に楽しみである。




あと、他のメーカーももっと頑張って欲しい(割と切実)。