DSC_0034
2013.02.21 15:25 | Nikon D7000 |
Sigma 17-50mm F2.8
17mm (25.5mm eqv.) | 1/60s | F11 | ISO100


  雪が乗った木を撮影しました。このレンズはかなり解像度が高く、このような被写体の撮影には向いていると思います。もっと広角がほしい…

  今回は、最近何かと話題の「韓国」について個人的な意見を述べたいと思っています。見たくない人は別に見なくても結構です。


■序論(面倒くさい人は飛ばして下さい)

  韓国は、日本の隣国の一つです。日本人にとっては、テレビやネットの影響でこの国の情報を知っている人も多いと思われます。

  日本は長らく電化製品の分野でアジア一の地位を占めていました。しかし、近年は韓国や台湾などの新興国(中国もあるが品質は…)の企業の製品も欧米で売れるようになり、日本企業の立場も危うくなり始めました。

  特に、ここ2年ほどの異常な円高は日本企業が海外で製品を売る際に大きな問題となりました。為替の話は複雑になるので省きますが、一般的に円安の時は輸出企業にとって有利で、円高の時は輸入企業にとって有利になる傾向があります。

  この円高の時に調子に乗って業績を伸ばしていたのが韓国企業です。要因は色々ありますが(正直に言うと、政府の無策による極端な円高)、為替レートにおいて韓国の輸出企業が有利になったことが挙げられます。その結果、「安さ」を利用して、韓国企業はサムスンやLGなどの製品を欧米で売りさばいていました。

  しかし、韓国の好調な輸出も終わりに近づいて来ました。その理由の一つが、「円安ウォン高」です。去年12月、安倍政権が発足することにより、安倍政権の金融緩和などの「アベノミクス」への海外の期待が高まり、市場は円安側に大きく傾きました(とはいえ、それでもかなり円高である)。

  日本が円安になれば、逆に韓国ではウォン高になります。通貨が高くなれば輸出企業にとっては不利になるため、売上にも悪い影響を与えます。また、韓国の経済は日本に比べると内需が小さく、貿易にかなり依存した経済となっています。そのため、サムスンやLGなどといった企業の場合(しかも韓国のGDPの2割がサムスン!!)、円安ウォン高により大きなダメージを受けます。安倍ちゃん恐るべし。

■なぜ韓国人は反日運動をするのか

  最近はインターネットにかぎらず、自分の知人の間でも「韓国が嫌いだ」という人が増えています。その理由は様々ですが、主な理由が「反日運動」にあると考えられます。そりゃ、「日本が大嫌いだ」なんていう国を好きになれるはずありませんしね…

  韓国の反日運動にはいろいろな理由があります。竹島に関すること、歴史に関すること、民族に関すること等色々ありますが、これらの根底にあるのは「恨の精神」と「現実からの逃避」です。これは中国における反日活動でも同じ事が言えますが、彼らは「昔(植民地時代や、それ以前の歴史)のことに恨みを持っている」ということと「自国が大変なことになっているという現実から逃げたい」ということがあり、反日をすることで鬱憤を晴らしているのです。

■愚かな韓国人と賢い韓国人

  特に安倍政権が発足してから、韓国の反日運動は激化しています。その原因には日本の円安誘導による韓国経済の悪化、竹島の日での政府関係者出席、民主党政権化における日本国民の右傾・嫌韓化(右傾と言ってもまだ世界的には中道)、などが挙げられます。

  最近では、韓国の自営業者達が「日本製品を売らない!」と日本製品不買運動を助けるような動きが見られます。

以下、ニュース記事



韓国の自営業者ら600万人 日本製品不買運動展開へ

【ソウル聯合ニュース】島根県が条例で定めた「竹島の日」の式典が22日に開催されたことに反発し、韓国の自営業者らが日本製品の不買運動に乗り出す。

韓国で人気の日本製たばこ「マイルドセブン」と「アサヒビール」などが対象になっている。

600万人の会員を抱える自営業者団体は消費者団体や市民団体とともに3月1日から日本製品を一切取り扱わないことを決定したという。韓国の金融・流通業界が25日までに明らかにした。

日本製品ボイコットは「竹島の日」の式典強行を強く糾弾し、抗議の意志を示すのが狙い。

不買運動の対象になるのはマイルドセブンやアサヒビール、ニコン、ユニクロ、トヨタ自動車、ソニー、ホンダの製品だ。

コルモク(路地)商圏生存消費者連盟のオ・ホソク共同常任代表は「独島を守るため自営業者600万人ができる限りの力を集め対応していく。3月1日の3・1節(3・1独立運動記念日)から独島に対する侵略的な行為が中断されるまで不買運動を続ける」と主張した。

日本製品の不買運動は一部の市民団体により行われたことはあるが、これほどの大規模は異例。

不買運動に参加する団体は飲食店や酒類店、スーパーなどを運営し国内で流通する日本製品の約80%を取り扱っているため、影響は少なくないとみられる。

運動に参加する自営業者は、店舗に日本製品の不買運動シールを貼り消費者に理解を求め参加を呼びかけることにしている。

今回運動に参加する団体は昨年、中小自営業者が負担するカード手数料の引き下げを求め、サムスンカードや新韓カードなどを対象に不買運動を行い手数料の引き下げに成功している。大型スーパーの義務休業もこれらの団体による運動の成果だ。

ただ、一部では日本製品の不買運動に懸念を示す声も少なくない。

韓国の主要貿易相手国である日本の国民を刺激し、両国間の貿易摩擦につながりかねないためだ。不買運動によって独島問題が国際的に注目される懸念もある。韓国は日本との間で独島をめぐる国際紛争は存在しないという立場を取っている。

オ共同常任代表は「政府ではなく民間団体が主導する不買運動であるため、問題にはならない。大韓民国を支える自営業者たちも日本の蛮行にこれ以上我慢しないという意志を明確に示す」と強調した。

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/25/2013022500814.html


という、いかにも韓国らしい(笑)ニュースですが、確かに韓国人が日本製品を買わなければ、日本の経済にも当然悪影響は出ます。しかし、それ以上に韓国人が困るのが現実なのです

  ここは写真のブログなので特にカメラに注目してみますが、世界で売れているカメラは、実はほとんどが日本製なのです。では、韓国にカメラメーカーはあるのかと聞かれると、確かにサムスンという会社がコンパクトカメラやミラーレス一眼カメラを製造しています。しかし、根幹の技術や部品には日本のものが使われており、とても韓国製といえるものではありません。

よく見てみると、ニコンとソニーはあるのにキヤノンはありませんね…
この自営業者団体はキヤノン党なんでしょうか…


  流石にこのような阿呆(?)な運動に対して冷静な意見もあり、ネット上では「それはやりすぎだろ」「日本製品を買ったほうがいい」という意見もあります。

  しかし、彼ら韓国人には、重要な精神が抜けていると思います。それは、

自ら努力し日本を越えようとする精神

ということです。

  韓国は「サムスンが売れた」だの、「ヒュンダイが売れた」だの自慢しますが、実際には日本の部品や技術が多く使われており、韓国がやっていることは組立と販売だけ、ということもよくあります。「韓国人は自尊心が強い」とか言われますが、それ以前に中身の技術が日本製なのによく自国製だと自慢できるなぁ、と思いました。

  取り敢えず、反日とかK-POP人気工作とかやってる暇があったらまず自国のまともな技術者を育てろ!と言いたいところです。

  日本も、戦後まもなくは「欧米のパクリだ」と批判されましたが、高性能化や機能の進化で「オリジナルの製品」を作り上げて行きました。一方、今の韓国(や中国)がやっていることは、ただのパクリです。ろくに技術者も育てず、盗むことばかり考えているからこうなってしまいました。人のものをパクって「自国起源だ」と主張するのはもうやめて欲しいです。

  日本のマスメディアは「韓国は最先端」だとか「韓国は技術が進んでいる」だとか言いますが、実際は日本の技術をパクってそれなりにスタイリッシュなガワを取り付けただけのものです。

  韓国は今の状況を脱却し、「自分たちで技術を開発する」ということを推進しない限り、日本のような技術大国にはなれないと思います。

  自国にとって気に喰わないことがあったら直ぐに不買運動や反日に転嫁する愚かな韓国人よりも、自ら努力して日本を超えることを考える賢い韓国人が増えない限り、韓国という国は先進国にはなれないでしょう。




ここまで管理人の私見が続いてしまいましたが、読んでくれてありがとうございます。