DSC_0389
2017年6月18日撮影

  天気が良い日はサイクリングとかしたくなりますが、やりすぎるとサイクリング中毒になるので注意が必要です。
  最近は「ゆるポタ」なる言葉が流行っていますが、実際のポタリングはあまりゆるくないので現実を知ってみるのも悪くないかもしれません(笑)。
  ロードで1日200キロ走るやつとか完全におかしいだろ…

  さて、本題に戻り、旅行の様子をお送りします。

○スタート:西28丁目駅

DSC_0247
いやぁ、絶好の外出日和だなぁ…


DSC_0253
風が弱いので快適ですが、暑いです。


DSC_0306
広い路側帯がある快適な道路を通ってきましたが、ついに行き止まりです。


DSC_0312
  にゃー




DSC_0313
なんか鉄っぽい川です。海が近いから赤潮にも見えるが…


DSC_0323
偶然列車が通過。

この辺は「銭函」という地名で、ニシン漁で儲かったことが由来だそうです。

博麗霊…どこぞの世界1位の巫女が好きそうな地名ですが…


DSC_0331
きつすぎる坂を登ると、アイスの店とかがあります。
帰りはここで休憩しました。

この近くにあったセブンイレブンは何故か解体されてましたが…

DSC_0335
札幌→小樽ルートの最難関です。

これくらいの坂はスイスイと登れるようになりたいです。


DSC_0336
張碓大橋という橋がありますが、これがまた巨大なトラス橋となっており、見る価値があります。

ただし、ここは車がものすごい速度で走るので、歩道を通ることを強く推奨します。


DSC_0339
小樽市街に入るとしばらく平らで、トンネルとかあります。


DSC_0343
14%…小樽ではこれが常識です。

だから人口が減ってしまうという意見も…


DSC_0346

DSC_0353

DSC_0358

DSC_0361

DSC_0366
小樽のいいところは、写真に写したくなるような建物が多いということです。
札幌も赤レンガとか、札幌時計台とか、歴史ある建物はあるのですが、周辺景観とあまりマッチしてないような気がするんですよね…

最近は、中国やら台湾やら本州やらの観光客で賑わっています。
人口が減っても、観光客が増えていれば街として栄えているイメージがあります。

最近は「ファスト風土」という、地方都市の便利な街の構造を風刺する言葉もあります。
便利さを追求するあまり、没個性で統一感のない街が増えたと思います。

今後、小樽のように景観を重視する街がどんどん増えてくれるといいのですが…
(洋服の○山という例外もありますが…笑)


DSC_0371
帰りは海岸の道路を通りました。こっちのほうが速かったなぁ…


DSC_0389

DSC_0395
海のある街はやはり美しいです。


DSC_0398
なぜ札幌市には海がないのか…


さて、国道337号(滅茶苦茶快適)を通って、石狩方面に向かいました。

DSC_0437
斜張橋はいつ見ても飽きません。ただ、GPSの精度がががが…


DSC_0439
向かい風が強くて、一時死ぬほど進みませんでした。


DSC_0445
アーチ橋も美しい。


創成川を南下して札幌中心部に入ると…

DSC_0450


!!
!!!


実際は、目の前にある歩道橋に注意してください、という意味だそうです。


DSC_0453
建設中の建物を見つつ更に南下しました。

このままミュンヘン大橋まで行ってからスタート地点に戻ろうとしましたが…


DSC_0455
断念。

時間的にも、体力的にも限界が近かったので諦めます。
まあ、普通の自転車でこれだけ走れれば、十分ですね。

しかし、この幌平橋も美しい。以前記事にしたこともあります。

足を壊したら明日が死ぬので、適度に休憩しながらスタート地点に戻りました。
めでたしめでたし。


【まとめ】
カメラ:ニコン D750
レンズ:シグマ 24-35mm F2 DG HSM Art
走行距離:97.3km

嗚呼、100kmまでもう少しだったのに…