asus_sabertooth_x79-3

タイトルだけ見て来た方もいると思いますが、そこまで大層な内容はありません。
しばらく多忙な日が続いて記事の更新が空いてしまいましたが、その間PCを色々いじっていました。
さて、質問です。

次のうち一番多いのは?

A Sandyおじさん
B Haswellおじさん
C Coffeeおじさん
D Ryzenおじさん


正解は特にない、と言ったら怒られますか(笑)
というよりどれが一番多いのか気になっただけですが、Ryzenがある程度普及したとはいえ、まだ一般向けはインテルが多く、そこそこ古い世代のPCを使っている人が多いことを考えると「C Haswellおじさん」が一番多いような気がします。

さて、前置きはこれくらいにして最近買ったCPUなどを紹介します。


■Intel Core i3-8350K
オーバークロックして遊ぶ用に購入した。
電圧を1.4Vにすれば5GHzの世界が見られるので、楽しかった。
ゲーミング用としては普通に使えそう。
ただし、マルチスレッドを使うソフトやゲームでは厳しいかも…

core-i3-8350k-2core-i3-8350k



■Intel Core i9-9900K
もともと8350Kはサブマシン用(メインはRyzen 7 2700X)を想定していたが、4コアではなんとなくしょぼいので、せっかくだからパワフルなものを買おうと決意した。
結果、比較的当たり石だったため5.3GHzでもCINEBENCH R15が回り、2362cbという恐ろしいスコアを記録した。
現在、ITXマザーに乗せてサブマシンとして運用中。
メモリも4400MHzが安定して動くため、RAMオーバークロック用としても面白い。
ただし、定格でもかなりの電力を消費し、正直財布・電源・地球に優しくない。
9900k9900k-2



■Intel Core i7-3930K
なにか動作検証用に面白いCPUはないかと、つくもたんクリアファイルを購入するために、おまけで貰ったCPUである。価格はなんと6000円。
6コア12スレッドでシングル性能も低くない(第1世代Ryzen5に近い)ので、普通に使えるし、OCするのも楽しそうということで選択した。
これを買ったのがなんと3月9日で、CPUの名前と合わせて「みっくみく」になるという奇跡が起こった。
パーツは揃いつつあるので、そのうち検証できるかも…
39303930_box


■AMD Ryzen 5 2400G
以前、録画はメインPCで行っていたが、オーバークロックやベンチマーク中使えなくなるため、録画用の新しいPCを構築した。
ミニケース・ITX構成のため、必然的にグラフィック内蔵CPUが必要となり、当時コスパとiGPU性能の良さが高評価だった2400Gを選択した。
今回取り上げるCPUの中では、何故か一番ローエンドだったりする。

(画像なし)


■AMD Ryzen 7 3700X
 
真 打 登 場

とはいっても、中ボスくらいの存在のCPU。
前評判やリークでも性能の高さが噂されたZen2(Ryzen 3000シリーズ)であったが、その予想を覆すこと無くインテルを恐怖に陥れる高性能CPUとして登場した。
管理人は当日手に入れようとして列に並ぶも、3900Xが少ないために、3700Xになってしまった。
結果的に良かったのかもしれない…
何気にシングルスレッドの性能もいいので、14nmのままなかなか進めないインテルは正直危ないかもしれない…

3700x-23700x




■Coming Soon...
またCPUが増えているかもしれません。今年9月に発売開始となるRyzen 9 3900X、今後登場が期待されるThreadripperシリーズ、インテル第10世代、Ice Lakeなど色々あるので、またCPUだらけになるかもしれませんね...


■今までに使ったことのあるCPUまとめ(x86限定)
・AMD Athlon XP 1400+(故障)
・AMD Athlon XP 1600+
・Intel Pentium 4 517J
・Intel Core 2 Duo E7200
・Intel Core 2 Quad Q6600(初代メイン機)
・Intel Core i7-3620QM
・Intel Core i5-4670K(2代目メイン機)
・AMD Ryzen 7 1700(3代目メイン機)
・AMD Ryzen 7 2700X(3.1代目メイン機)
・AMD Ryzen 5 2400G(録画機)
・Intel Core i5-6300U(Surface Pro 4)
・Intel Core i7-2700K
・Intel Core i3-8350K
・Intel Core i9-9900K(サブ機)
・Intel Core i7-3930K(サブサブ機?)
・AMD Ryzen 7 3700X(3.2代目メイン機)
・Intel Core i5-8250U(Surface Pro 6)

ベンチマークの結果を並べると、20年近い間にCPUがかなり進化したのを実感しますね…

passmark


もちろん、実際のアプリでは9900Kがトップになったりと、若干現実とは離れている部分もありますが、AthlonXP→3700Xで80倍以上になっているのは驚きです。

上記のパーツをいちいち記事にしていたら、写真のブログではなく自作PCのブロクになってしまいますが、それでも良いんでしょうか…

ちなみに、一部のCPUはゆっくりの動画にしています。(宣伝乙)


珍しく(もないかも)PCパーツの記事になりましたが、今後とも宜しくお願いします。