DSC_0661

最近はあまり見なくなったかもしれませんが、ごく最近まで
「中国の進化が著しい」
「中国は日本を超えた」
「中国は日本企業を下請けに使うほどすごい国になっている」
などなど、中国の成長を評価し、日本をディスる発言を多く見かけます。

それって本当なの?


冷静に考えると…
現在はインターネットが主流になっていますが、まだまだ新聞やテレビなどの旧来のメディアも強いですし、インターネットのニュースもTV・新聞の影響を少なからず受けています。
そこで問題になるのが、これらのメディア(以下、より一般的な言い方としてマスコミという)がどれくらい日本・海外の情報を報じているかという問題です。

「ファーウェイは凄い!」
「中国のものづくりの進化は凄い!!」
「GDPでは日本を圧倒!!!」

全部事実です。

ただ…冷静に考えてみてください。

ファーウェイは凄いけど、アップルやグーグルの方が凄くね?
ファーウェイの部品はどこの国の企業で作ってるの?まさか日本とか言わないよね?w

そういえば「中国のEVが世界で普及する」みたいな記事を見たけど、全然見ないよね?
なんで中国製の抵抗やコンデンサは「高性能」という謳い文句で売られないの?

人口14億人もいる国が、1.25億人の国のGDP超えるのは当たり前じゃね?
いくらGDPが高くても、一般庶民の生活レベルは低いんじゃないのか?


というわけで、新聞やネット記事の見出しに踊らされず、冷静に判断する必要があります。
もちろん、それらの記事が語る通り中国経済の凄い面もありますし、日本が劣っている面もあるので全てが全てウソまみれ、と考えるのも危険です。

記事だけでなく、出典となったデータ(中国はそれすら怪しいが…)をちゃんと見て、どうなっているのか判断する必要があるかと思います。


さて、日本のマスコミは(海外のマスコミも同様だと思われるが)、国内の情報は詳しく報道するものの、海外の情報はあまり詳しく報道しないように感じます。
特に、某隣国と中国に関してはあまりネガティブな報道をしない傾向があり、実は中国のほうが平均で見れば貧しいにもかかわらず、日本のほうが貧しいなどと言った結論が出てしまうわけです。

【イメージ図】

japan vs china


問題は、Chinaの下の方にある「底辺層」「貧困層」が日本であまり報道されない点です。
極稀に災害が起こった時に、中国の地方の貧しさなどが浮き彫りになりますが、その貧しさは日本のあいりん地区の比ではありません。
(行くまでもなく、ネットで調べるだけで十分)

日本のマスコミが先進地域だと思い込んでいる韓国ですら、とんでもないスラムがあるくらいです。
(最近、パラサイトという映画で半地下生活なんてものが紹介されていましたね)
1人あたりGDPが韓国の数分の一の中国の貧困層なんて、お察し。
ましてや、日本と比較なんてしたら…

昔、「アフリカでは○秒間に××」という話がありましたが、世界的に見れば日本人であることは勝ち組である、なんていう話もあります。

・首相を死ねと言っても逮捕されない
・水道やガスが常に出てくる
・道路がちゃんと舗装されている
・地震一回でビルや橋が崩壊しない
・いわゆる「貧困層」でもスマホが持てて、文明的な生活ができる
・20年間の不況を経ても、ジンバブエみたいにならない
・ウィルスに感染した人をいじめると、逮捕される
・大災害が発生しても自衛隊が出動して、復旧を急ぐ
・政府が発表する統計データを信頼することができる
・通貨が世界的に信用されている
・現金が信用できるからキャッシュレスの普及が遅れる
・政権が腐敗し衰退して次の政権に移っても、大きな暴動がない
・AIを仕事の効率化や介護などに利用する
・勝つにしてもチートはやっぱりよくないよね、という風潮
・アニメや漫画など自国の文化が世界的に注目されている

それと比較すると中国は…
・国家主席を死ねというと逮捕される、死刑も
・水道やガスが出てこないほうが当たり前
・道路はしょっちゅう陥没、落ちた人はそのまま埋める
・平時にビルや橋が倒壊する
・いわゆる「貧困層」はろくに食べることもできず、餓死が約束されている
・20年間どころか3ヶ月の不況でも、多くの人が行方不明になる
・ウィルスに感染したら人権が失われ、それに対して何も思わない
・大災害が発生して軍隊が出動するものの、なぜか全員が救助対象にならない
・政府が発表する統計データは政府の関係者すら信用していない
・通貨は信用されるものではなく、信用させるものだ
・現金は信用できないからキャッシュレスが日本以上に普及する
・政権が腐敗し王朝が衰退すると、多くの死者を出す革命が起きる
・AIを国民の監視に利用する
・結果が全てで、チートを使用しようが勝てば問題ない
・漢や唐の時代は世界の最先端を行った中国だが、今やパクリ大国

日本の教科書ではあまり触れていませんが、中国では戦争や政治混乱になるとものすごい数の人が死にます。
古くは三国志の軍事衝突で人口が激減し、
唐末期の安史の乱で人口が激減し、
その後の元→明、明→清の王朝交替でも人口が激減し、
日中衝突のときに黄河を決壊させ自国民を見殺しにし、
大躍進政策の失敗で4000万人が死んでもトップは責任を取らず、
文化大革命で大量の一般市民が殺され、文化的建築物も破壊され、
天安門事件で多くの抗議者が死んでも当局は隠蔽し、
最近だと、新型コロナウィルスの発生を隠蔽し、医師の尊い死を無駄にし、
自国内のみならず世界に疫病を広げてしまいました。

しかも、有能なリーダーほど何故か早死し、無能なリーダーや暴君が長く統治してしまいます。
まともなリーダというのは、腐敗した王朝の中で真っ先に粛清されてしまいます。
そのため、王朝末期になると凄惨な革命によって強制的に新しい王朝に交代します。

新型コロナウィルスの対応においても、日本人は日本政府の対応に対して批判していますが、世界的に見れば恵まれている方だと思います。
医療施設は充実しているし、サプライチェーンは維持されているし、死者数の急増をなんとか抑えています。
少なくとも中国みたいにゴミ収集車で食料を運んだり、住民の怒りが爆発して大変なことになったり、肺移植のために健全な人から臓器を収集したりはしません。

マスク2枚で大騒ぎになるなんて、世界から見れば平和な方でしょう。

そもそも、一部を除いて日本と中国なんて比較対象ではないです。
アジアで比べる対象があるとすれば、台湾や香港、シンガポールなどで、かろうじて韓国が入るくらいでしょうか。国全体の力という意味ではインドやインドネシアも捨てがたいです。


「日本すごい」論をあまり全面に出すと、
うざいだの、
ネトウヨだの、
反中差別主義者だの言われるので程々にしますが、
やっぱり、日本人でいるって勝ち組じゃね?
ということです。

もちろん、テレビでやっている「日本すごい」系の番組には大きな違和感があります。
だって、外国人、それも欧米人に言わせている感が半端ないですから…
(アジア人のほうが日本の良さを知っていると思うので、そっちを取材するほうが的確では…)

外国人に言わせるのではなく、日本人が自国の良い所を言えるようになれば良いんですが。