DSC_7974

2019年9月7日に行われた、JR北海道苗穂工場一般公開で撮影した写真を紹介します。

苗穂工場…魔改造… うっ頭が


SL展示
DSC_7964

DSC_7969

DSC_7970


実際に走るミニチュアSL
DSC_7973
グレーの煙を出しているように、実際に蒸気機関として走らせています。


車庫
DSC_7974

DSC_7976


車両移動作業の様子
DSC_7984

DSC_7987


北海道鉄道技術館
DSC_7998
この建物は年1回の一般公開日以外でも見られますが、めったに来ることはないので何枚か写真を撮ってきました。

DSC_8000

DSC_8001

DSC_8002

DSC_8003

DSC_8012


キハ261(新塗装)
DSC_8016

キハ183系
DSC_8017


DMV(デュアル・モード・ビークル)
DSC_8018
採算が厳しい地方路線において、道路と鉄道の両方を走れる車両として一時期注目を浴びたが、JR北海道の不祥事により、間接的に闇に葬られそうになった。
しかし、その後四国での採用が決まり、2020年には徳島・高知を爆走する予定。

DSC_8019


工場の様子
DSC_8027

DSC_8053

DSC_8068


H100形 新型気動車
DSC_8038
気動車ではあるが、先頭にキハではなく「H」というアルファベットの頭文字(JR東日本風)がつけられているのが、今までの車両と異なっている。

DSC_8040

DSC_8051

終わりに
DSC_8072

苗穂ということで、とんでもない魔改造・変態列車を期待していましたが、展示自体は真面目(と言ったら失礼か)で見ごたえのあるものでした。
航空祭とは違い、日常的に使うものを見られるので、普段乗っている列車の構造や、整備の方法などを実際に見ることができて非常に有意義でした。